貯えの逆算、確立費の軽減

経験の先回り、つまり“月額が入ったら、ベスト最初に経験をする”ということです。経験ができるかどうかは、こういう「経験の先回り」をするかどうかによると言っても過言ではありません。テクはいろいろありますが、おススメなのは「自動的積立の定期ストック」です。基準さえしておけば、月額が入ったら勝手に預貯金対象口座に振り替え(積み立て)を通じてくれるので、自分では何もやる必要がありません。残るマネーを生活費としてひと月をやりくりしてください。また「定期ストック」ですので、自由にマネーを引き出すことはできません。逆にその支障が“経験に手をつける実例への調節力”になるという利点があります。ないしは預貯金対象口座を作って月額お天道様に自分で振り替えを行なう形でも問題ないでしょう。要するに“残るマネーで経験をする”では、何だかんだで失敗してしまう可能性が高いので、初めにマネーを選り分けてしまうことが大切です。「固定費」は月々決まった額で発生し積み重ねる価格のことです。例としては、店賃・停留場代・一般賃料・新聞紙フィー・TELフィー・オンラインニュース費・プロバイダ賃料・保険・わが家貸し出し・習い事やクラブなどの月謝・サイトやタブレットサイトなどの月額費用などがそれに当たります。固定費は、月々(ほぼ)おんなじ金額がかかって現れる賜物なので、逆に言うと一度見直してしまえば“節電効き目がずっと貫く”という利点があります。特に「店賃」は、売値自体がとても大きいので、思い切って店賃の安い近郊に引越したり、ひと回りちっちゃな間取りの住まいに引越すなどができれば、年間でかなり大きな節約ができるはずです。ペアーズ登録できない?入会方法はこちら

お金がなかなか溜まらない!!!

我が家は月の手取りが26万円でボーナスなしの夫婦2人暮らしです。
毎月の固定費は約22万円くらい。残るは4万円。
4万円×12か月で48万円。10年後には480万円。

結婚は貯金ゼロ、いや赤字からのスタートで旦那もこの時すでに30歳越え。
もし子供ができた時のために出産費用とリストラの可能性もある仕事なので万が一の生活費用。
貯金していても冷蔵庫故障したり人間関係など想定外の出費もたくさんある。貯金は本当に溜まらない。
子どもができたら、経済的に生活がやっていけるのか不安で躊躇している。夫婦2人でこの有様。習い事させたり学費など相当やばいでしょう。そうなったら私がもっと働きますが(笑)

年金もあてにならないし、ほんとに先が思いやられます(´・ω・`)このまま長生きしたり、働けない状態になるといつホームレスなってもおかしくない。暗い話ですみません(笑)

貯金も大事だけど結局は、何歳になっても常に働ける状態にしておくことが一番大事なのかもしれない。
健康が一番大事!会社こき使いまくるけど、声を大にしていいたい!
会社は自分の身体が壊れても助けてくれません!!!身体・精神が壊れたら、働けない!
今の時代使えるときは安く使ってすぐに解雇されて誰も助けてくれない。1つの仕事にこだわらずにいろんなことができないといけない時代なのかもしれない。
だから貯金もお金も大事だけど、健康が一番です。笑っていきたいですね。

ヘクシスっていうオンラインダイエットの口コミが気になる

お金が足りない!

今日、アリス・イン・ワンダーランド~時間の旅~を観てきました。
第一作目に続きとても素晴らしい映画で、うっかりはまってしまいました。そして、期間限定グッズが沢山あるのです。ディズニーストアオンラインで商品を見ていると…
全部ほしいくらい魅力的な物ばかり!
例えば、白うさぎの指輪!スチームパンクのようなデザインは映画のテーマでもある「時間」を表していて、白うさぎの耳が付いています。見た瞬間どストライクでもう買うしかないなと思いました。
お値段は1,620円と買えなくもない値段でつい悩んでしまいます。他にもシュシュとかブレスレットとかクロノスフィアの置物などなど、欲しいグッズ見るたびは増えていきます。
でも私はバイトをしていないただの学生なので、なるべくお金はためておきたいと思っているのです。夏休みも近いですし、友達とどこか遠出したり最後だからとお揃いのものを買うかもしれません。
あと、卒業旅行で北海道へ行くと計画している友達もいるので、それに向けてお金を貯めないといけないですし…北海道に行ったことがないので絶対行きたいですし…カニが食べたいです。
それに、とっても大事なことがこの先あるのです。私は大学に行くことが決まったので入学金の為にお金は慎重に使わなければいけないのです。
奨学金のことももちろんありますがそれはバイトで頑張るしかないですね。
お金って大事だなとしみじみ感じています。バンクイック審査についてはこちら

経費削減で大幅賃金カット

職場が経営不振になり、経費削減ということで賃金をカットされました。なんと年収の3分の1。どう考えたっていままでと同じような生活、金銭感覚でやっていけれるわけがありません。
今は結婚していて夫と共稼ぎなので、すぐに路頭に迷うことはないですが、自由に使えるお金は大幅に減りました。今までは貯金をしたうえで、それでもそこそこ使える額が残りましたが、今は貯金もできないしし、小遣いも大幅減、1か月3万円です。普通にしていればなんとかなるのですが、友達に飲み会に誘われたり、病院に行ったり、家族の誕生日などのプレゼント買ったりしたら一気にその月はピンチに陥ります。
家に入れるお金も減らしました。その分半分に分担していた家事を、私が多めに引き受けることにしています。
なんで何十年もまじめに働いてきて、きちんと数字も出してきたのにこんなことになるのか、本当に悲しいし悔しいです。自分たちの責任を棚上げし、経営不振の責任を時代や社会環境のせいにする経営陣をぶん殴りたいくらいです。
唯一の救いは、夫が100%理解を示してくれて協力してくれていることです。収入が減ったことに文句1つもいわず、「昔何度も助けてもらったから、今度は自分が助ける番。いつか返してくれればいいよ」と言ってくれます。本当にありがたいです。夫がいなかったら絶対に乗り切れない難局です。夫がいてくれるなら、とりあえずもう少し頑張ろうと思います。プロミス審査が甘いって噂

将来の子供の為と自分の為のお金の必要性

私は13年間介護業界で働き、6年前に結婚し1年前に子供をやっと妊娠できました。子供を授かるにあたり、私は1年半前に仕事を辞め不妊治療を開始しようと思っていました。本格的な不妊治療の前に体調確認を含め、基礎体温測りから始め、血液検査・ホルモン検査・精子検査その後卵管造影検査と進めていきました。その都度、不妊治療では高額な費用がかかると聞いていたので、毎回会計の度にビクビクしていましたが、すべて健康保険の範囲内で支払えたので、一安心でした。
卵管造影検査後、無事妊娠できました。しかし、新たな不安も出てきました。これからの子供の為の貯蓄や自分達が楽しく過ごす為と老後の貯蓄についてです。私の最初の計画では仕事を続けながら産休や育休はもちろんですが、傷病手当金や出産手当金などをいただきながら、また仕事に復帰するということがしたかったのです。しかし、24時間シフト制の中で働いていて、私の体調が整わなかった為かなかなか子宝に恵まれなかったので、一度体調のリセットと共に忙しかった日々からの解放を目的に退職を決意しました。今でもその決断は間違いでは無かったと確信していますが、ふと、仕事をしていない自分に不安を感じることがあります。妊娠したらしたで、毎月の診察代が市からの補助金以外でも出費があるし、体系の変化と季節に合わせたマタニティ服も買わないといけないし、出産後も授乳服や赤ちゃん用品を揃えたり、子供の各種保険への加入などと色々出費があるな~と漠然と考えては悶々としています。しかし、周りの子育て経験のある友達に話を聞いてもらったり、赤ちゃん用品を貸してもらったりとしてもらい大分気持ちが楽になりました。さらに、両親から服をプレゼントしてもらったり、ランチやディナーに連れて行ってもらえる事が何よりも心と金銭面の支えになっています。
まだまだ働けない時期は続くと思いますが、旦那様にも支えてもらいながら細々と子育てしていき、働けるようになったら、子供と自分達夫婦が思いっきり楽しみ、そして、将来の子供達の為に少しでも残していけるよう頑張っていこうと思います。http://cashing-college.net/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E7%94%98%E3%81%84.html

父の入院費用で貯金がなくなりました

私の実家は、両親と兄夫婦が同居をしているのですが、兄夫婦はお金にだらしないです。
両親と一緒に住んでいるのに、自分たちが遊ぶ事が最優先で、生活費を入れていません。
夫婦で働いているのにです。
私は同居していないのに、実家が金欠だと、なぜか私が援助しています。

以前、兄の奥さんから、15万円貸してくれと泣きつかれ、次の給料日に必ず返すという約束で貸しました。
しかし、その2週間後に、父が腸閉塞で緊急入院することになり、入院時の保証金で15万円必要になりました。
もちろん私が払いました。
同じ月に、ひとつの家庭に30万円貸すことになり、私自身もかなり節約しなければなりません。
ちなみに、兄の奥さんに15万円貸したことは、家族に秘密にしてほしいと言われたので、両親も兄も知りません。
私にかかるストレスは半端なかったです。

父は1週間ほどで退院しました。
入院時に払った保証金は、入院費を差し引いて戻ってくるのですが、母が生活費に困っていたので、
それは余裕ができた時に返してくれればいいと、母に渡しました。
本当は返してくれなくてもいいと言っても良かったのですが、兄夫婦が同居しているのに、
私がそこまでする必要はあるのかと思ってしまったのです。

そしてさらにその1ヶ月後、父が腸閉塞を再発して、また入院しました。
もちろん入院費は私が払いました。
そんなことが何度か繰り返され、入院費以外にも、母から生活費が足りないと言われると断れず、回収もできず、結局私の貯金はほとんど無くなりました。

私にも夫がいて、子供はまだいませんが、今後の為にもしっかりと貯金をしたい時期なのに、
全く貯金ができません。

早く兄夫婦が両親を安心させてあげられるように、しっかりしてほしいです。みずほ銀行カードローン審査はコチラ

宝くじで老後資金をもくろむ40代独女

40代前半、とにかく不安なのが『老後資金』!
若いときに色々あって、現在独身・子供なし。
もう結婚はしたくないので、独りで老後を過ごす事を考えると
一番の不安はお金です。
きっと私たちが年金をもらう頃には、年金支給開始が75歳以上になっているかもしれませんし、安定した老後なんてないと思っているので、
今のうちから資金を確保しておかなければなぁと最近になってようやく思い始めました。
もっと20代のうちから貯蓄しておけばよかったと本当に後悔しています。
若い人には心からアドバイスしたいです。『少年よ!貯蓄をせよ!』
楽しみのため、結婚資金とは別に絶対老後用貯蓄をしておくべきです!

ようやく老後の不安を感じた35歳になってから貯蓄を始めた私ですが、
このまま続けても、老後余裕のある生活には程遠い額しかたまりません。
早いうちにコツコツが大切だと改めて実感します。
出来る事なら、仕事は55歳ぐらいで辞めたいんですよね。
周りの55歳以上のお局を見ていると、55歳超えると急に衰えが見え始めます。
新しい事を覚えられない、覚えようともしない、口が臭い(笑)←これは関係ないかっっ。
いつまでも、しがみついているのは、みっともないので、早く辞めたい!
しかし生活資金がない!
頼みの綱は『宝くじ』!
とりあえず、ジャンボは10枚ずつは買い続けております。
老後安心出来る額をなんとか当てたい!

まあ、コツコツも引き続き頑張ります!

モビット審査についてはこちら